X

高精度カッティング技術

熟練した技術者により操作される並列使用
の高精度CNCマシニングセンタ

CNCマシニング

  • レーザー切断機
  • CNC深穴加工機
  • NCフライスおよびターニングセンタ(3~7軸)
  • CNC円筒研削盤および平面研削盤
  • ワイヤカットおよびダイシンキングEDMマシン
  • 熟練かつ経験豊富な技術
SHLは、大量生産において最高の品質を確実に実現するため、主要な先端技術であるコンピュータ数値制御(CNC)の機械加工装置に投資してまいりました。それらの中には、業界で使われるCNC生産設備の製造業者のうち特に優れていると評判の高い日本のヤマザキマザック(MAZAK)とオークマ(OKUMA)製の設備もあります。

高度なCNCマシン

こうした多軸CNCフライスおよび&ターニングセンタと放電加工機(EDM)などの高度な機械を採用することにより、当社の製造工場では複雑度の高いプロジェクトにも対応しています。

経験豊富な技術者

これらのマシンは、充分な訓練を受け、知識と経験も豊富な技術者が操作しています。こうした技術者は機械語に堪能であるばかりでなく、各マシンの能力を徹底して理解しており、マシンの効率を最大限に引き出すことを可能にしています。

標準操作実施手順

すべてのプロジェクトはその初期段階で、時間とマシンをどう利用するかを割り振るために、管理者によって詳細な標準作業手順(SOP)が作成されます。作成されたSOPは各作業段階で厳守・監視され、これにより、各プロジェクトは最も効率的な方法で実行され、最高の品質を確保しています。

高品質の製造

熟練した専門家が最高のマシンを操作することで、SHLはアジアにおける高品質の製造業者という高い評判を維持し続け、お客様のニーズを満たすためこの領域でさらなる事業展開と努力を続けていきます。